<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
web拍手
お気に召したら押してください。
小躍りして喜びます。

メールフォーム
オススメ
  • ザ・ホワイトハウス(国内版DVD・書籍)


    ザ・ホワイトハウス<フィフス・シーズン>コレクターズ・ボックス [DVD]

  • ザ・ホワイトハウス(輸入DVD・書籍)

  • ER 緊急救命室(DVDセット)2



  • 海外ドラマいろいろ

  • 海外ドラマいろいろ2
  • 【音楽】TVサントラ
  • 【音楽】bond(ボンド)
  • 【音楽】Maksim (マキシム)

  • 【音楽】ラテン

  • 【音楽】スパニッシュ

  • 【音楽】Ricky Martin (リッキー・マーティン)
  • 【小説】J.D.ロブ

  • 【PB】J.D.Robb
  • 【漫画】エマ
  • 【漫画】のだめカンタービレ
  • 【漫画】のだめカンタービレ関連商品
ブログピープル
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Retro-Deco
壁紙をお借りしました。
<< ラファ、金メダル&ランキング1位おめでとう! | main | Juan Luis Guerra 来日公演の情報  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ニノ宮知子 「のだめカンタービレ」21巻
のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子

講談社 2008-08-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(発売日に読んですぐ書いたのに、うっかり非公開にしてました。)


表紙の楽器「声」は意外でした。
千秋とRuiのコンチェルトで、のだめが千秋といつかやりたいと思っていた演奏以上の物を見せ付けられ、のだめは焦り自暴自棄になります。そこにミルヒーが絡んできたことに驚き。また、彼が聴力の衰えにちゃんと気がついていたことが、切ないです。

のだめにとって音楽は千秋と一緒にいるための手段だったわけで、一緒にいられるなら音楽は無くても良かったのかもしれません。しかし、幸か不幸か持って生まれた才能がのだめを苦しめている。千秋と一緒にいたいから、パリに留学した。千秋とずっと一緒にいたいから、ピアニストになりたい。千秋とコンチェルトを演奏したいから、音楽と正面からぶつかった。のだめの才能と自意識がつりあっていないような気がします。

のだめにとって千秋と一緒にいることが至上命題であるから、Ruiのコンチェルトで音楽では無理かもしれない、だからあのプロポーズになったと。

のだめはミルヒーの手を取るのか!? 取るんでしょうね。次巻の予告に書いてあるし。でもオクレール先生はどうするの? やっと「脱べーべ」したのに。のだめはまだ知らないけど、試験が終わったら念願のコンクールの準備をするところだったのに。

留学仲間は国に帰るなりパリに残るなり展望が見え始めているなか、のだめの今後が心配です。千秋がいない所で音楽をやるのは、のだめにとっていいことだろうなと思います。
ミルヒーに秘策があるのか、次も楽しみです。
| 漫画 | 23:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |
コメント
こんにちは。
予想外の展開になりましたね。
のだめと千秋の関係はスムーズに進むのは難しいと思っていたので、ショックではあるけど、ある意味仕方ないという気持ちもします。
まさか、ここでミルヒー登場とは・・・!
fanaticさんと同じく、千秋がいないところで音楽をやってみるのはいいことだと思いますから、これをきっかけにのだめにいい方向への変化があることを期待したいです。(もう、ミルヒーとコンチェルトすると決め込んでますが[うーむ])
そうなると、オクレール先生の存在がどうなるか、コンクールは??
早く続きが読みたいですね。
| happyberry | 2008/08/21 12:22 AM |
happyberryさん、こんにちは。
お久しぶりですね。お元気でしたか?

ついにのだめが正念場を迎えましたね。これがないとパリ編が終わられないだろうとは思っていましたので、来るべきものが来たという感じではあります。のだめが純粋に「音楽をやりたい!」と心の底から願うようになってほしいなと思います。
| fanatic | 2008/08/21 6:20 PM |
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://fanatic.jugem.cc/trackback/641
トラックバック