<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
web拍手
お気に召したら押してください。
小躍りして喜びます。

メールフォーム
オススメ
  • ザ・ホワイトハウス(国内版DVD・書籍)


    ザ・ホワイトハウス<フィフス・シーズン>コレクターズ・ボックス [DVD]

  • ザ・ホワイトハウス(輸入DVD・書籍)

  • ER 緊急救命室(DVDセット)2



  • 海外ドラマいろいろ

  • 海外ドラマいろいろ2
  • 【音楽】TVサントラ
  • 【音楽】bond(ボンド)
  • 【音楽】Maksim (マキシム)

  • 【音楽】ラテン

  • 【音楽】スパニッシュ

  • 【音楽】Ricky Martin (リッキー・マーティン)
  • 【小説】J.D.ロブ

  • 【PB】J.D.Robb
  • 【漫画】エマ
  • 【漫画】のだめカンタービレ
  • 【漫画】のだめカンタービレ関連商品
ブログピープル
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Retro-Deco
壁紙をお借りしました。
<< J.D.ロブ 「弔いのポートレート」 | main | "Premonicion Live”が届きました!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カルモナ Carmona 
カルモナ−広場
2007年の内に記事にするはずだったけどめんどくさくて書けなかったよシリーズ。
その2。

カルモナはセビリア郊外にある村で、アンダルシア地方に属しているので、エストレマドゥーラ紀行のこのカテゴリーには当てはまりません。しかし、今回の旅の最終地点として選んだこの小さな村がとっても素敵でしたので、ご紹介します。
サフラからバスに乗り、セビリアに着いたのはまだ日も暮れない午後6時50分頃でした。カセレスもメリダもそれなりに都会だと思っていましたが、セビリアの比ではありませんでした。人の往来の多さに一気に緊張してしまいました。スリや強盗に遭うかもしれないと、どきどきバクバク・・・。

さらに予約していたホテルが質素だったものだから、もう悲しくすらなってきました。優雅なパラドールから、薄暗い通りの安宿にランクダウン。予約した時はここまで贅沢したのだからと割り切っていたのですが、現実を目の当たりにすると、宿泊する所はケチっちゃいかん、と思いました。

そんな殺伐とした都会を飛び出して、翌日は郊外のカルモナへ観光です。
セビリアからバスで1時間ほどの小高い丘の上にある白い村カルモナへ到着します。写真の奥の方に見える城壁の様な建物がパラドールです。

旧市街にはセビリア門から入ります。セビリア門には観光案内所があり、城壁の塔にも上ることが出来ます。セビリアのカテドラルをモデルに建造されたというサンタ・マリア教区教会などを見学しながら旧市街を散策し、旧市街の一番奥にあるパラドールで昼食です。

カルモナ−サラダ
オレンジとざくろとブラックオリーブのサラダ。ざくろが甘くて美味しかったです。


カルモナ−シチュー
オックステールのシチュー。フォークでほろほろと崩れるまで煮込んであって、こってりとして最高です。

カルモナ−デザート
デザートは、ビュッフェ形式でした。でもサラダとシチューでおなか一杯、これが限度です。

この昼食とセビリアのホテル代がほぼ同額でした。金銭感覚が狂います。


食後はパラドールのパテオで一休みするところでしたが、食べ過ぎて動いていないと気持ち悪いくらい。腹ごなしの散歩を兼ねて、村の反対側にあるローマ遺跡を見にいきました。メリダに比べるともちろん小規模なものでしたが、発掘品などがなかなか面白かったです。

それからバスの時間までは、自分用にお土産を買ったり、バルでコーヒーを飲んだりしてゆっくりとしました。半日の滞在でしたが、充実感がありました。


★★★【カルモナへの行き方】★★★
セビリアのPrado San Sebastianからバスが出ています。
バスターミナルの切符売り場を背にし、バスターミナルを向かって右に出てください。駐車場に出ます。すぐ左に普通の路線バスのバス停があります。一番奥です。
Casal社の二両連結のバスです。この記事冒頭の写真に写っているバスがそれです。
片道2.50ユーロ。
バスの本数はたくさんあります。ターミナルの案内所で時刻表をもらえました。そちらでもらえなくても、帰りはバス停前のバルの中にも時刻表が貼ってありましたので、ここでチェックするといいかもしれません。
| スペイン旅行2007 エストレマドゥーラ紀行 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://fanatic.jugem.cc/trackback/577
トラックバック